一生に一度だけ訪れるゴールデンエイジ を知っていますか?

子供は年齢別に成長できる能力が違います。
適齢期を知れば経験させたいことが見えてくる!

ゴールデンエイジとは・・・

さまざまな動作を即時に習得することができる9歳~12歳頃の年代のことです。一生に一度だけのことなので世界的にも重要視されています。大人になってからでは難しい動作もこの時期にはすぐに習得することができ、一度習得すると失われないという特徴があります。

幼児期からいろいろな経験をしてゴールデンエイジに向けて
最適な準備をしましょう!

子供はの成長と適齢期

6歳以下の子供たち

U-6

脳の神経系は6歳頃までには大人の90%にも達します。
さまざまな運動能力を身につける絶好のチャンスです。

  • 1.やってみたい!という気持ちにを大切に
  • 自ら行動しようとしている時には多くの言葉はかけずに見守ります。
    自発性から集中力が生まれ知性が発達していきます。
    コーチのマネをしてチャレンジしたくなる工夫をしています。
  • 2.将来の基礎となる全身的な運動能力の向上を目指そう
  • 走る、飛ぶ、投げる、蹴るの基本動作を中心に遊び感
    覚で楽しめるトレーニング。
  • 3.考える力の土台を作る重要な年代です
  • 考える力を育てるために子供に考えさせるような聞き方をして、
    考えたことをどんどん発言しやすいように心がけています。

▶トレーニングについてはこちら

8歳以下の子供たち

U-8

  • 1.貴重な「プレ・ゴールデンエイジ」の年代です
  • ゴールデンエイジに向けて準備をしていきましょう。
  • 2.基本的動作を獲得のためのトレーニングをしよう
  • U-6時代より体のバランスが良く、神経が発達してくるこの時期は、投げる、打つ、走る、飛ぶ、蹴るといった基本的動作を獲得するのに適しています。単純な動作を反復できるように楽しんでできるトレーニングを行っています。
  • 3.U-8は自立の準備をする年代
  • サッカーは瞬時に判断が要求されるスポーツです。自立してひとりで判断を下す能力がつくように、この年代から子供が一人で考え判断していくことを大切にしています。

▶トレーニングについてはこちら

9歳~12歳 ゴールデンエイジ

  • 今まで経験したことを積み重ねにより
    大人になってからでは習得が難しい動作を
    即時にできるようになります。

ゴールデンエイジ以前よりいろいろな運動経験して
神経回路を形成していなければ、準備不足となり
ゴールデンエイジを活かすことができません・・・

幼児期からいろいろな経験をして
ゴールデンエイジに向けて
最適な準備をしましょう!

ま と め

幼児期から全身を使ってたくさん体を動かすこと、
たくさん遊ぶことが大切なんだね!
自分が楽しく夢中になれる運動を見つけよう!